九州大学芸術工学部公開講座《東京会場》

 

《 講座名・開催日時・対象・申込期間 》

 

○高校生のための先端メディアアートワーク−感性と装置の関係をデザインする

実施日:8月20日(月),8月21日(火) 2日連続

時 間:11:0018:00            対 象:高校生  30

会 場:九州大学・芸術工学東京サイト,リエゾンセンター

(ミッドタウン・タワー5F 東京ミッドタウン・デザインハブ内)

受講料:2,000円                 

 

 

《 申込方法 》

u   はがき,FAXEメールでお申込み受付を行います。

記入事項:@講座名,A参加者氏名(ふりがな),B郵便番号,C住所,D電話番号,E年令,F学校名・学年

Eメールでのお申し込みの際,タイトルは「公開講座申込み」としてください。

u   締 切:上記のとおり。先着順で受講者を決定しますので,お早めにお申し込みくだい。

定員に満たない場合は,募集を継続します。

u   講座開始日の2週間前から案内(講座会場,受講料納付方法など)をお送りします。

 

《 郵送先・問合せ先 》

815-8540 福岡市南区塩原4−9−1 

九州大学芸術工学部学務課教務係  

092−553−4418  FAX 092−553−4597

Eメール gkgkyomu@jimu.kyushu-u.ac.jp

 

 

《 講座会場 》

 九州大学・芸術工学東京サイト,リエゾンセンター

ミッドタウン・タワー5F 東京ミッドタウン・デザインバブ

  東京都港区赤坂9-7-1

 

(地下鉄利用の場合)

・都営大江戸線「六本木駅」8番出口より直結

・東京メトロ日比谷線「六本木駅」より地下通路にて直結

・東京メトロ千代田線「乃木坂駅」3番出口より徒歩約3

・東京メトロ南北線「六本木一丁目駅」1番出口より徒歩約10

 

講 座 内 容

 

○高校生のための先端メディアアートワーク−感性と装置の関係をデザインする−

● 講師 芸術工学研究院 教授 富松 潔,助教 牛尼剛総

    メディアアーティスト 藤木 淳

       メディアアーティスト 馬場 哲晃  

ユビキタスネット環境(次世代のコンピュータ利用環境)では,人々がコンピュータとのインタラクションにより得られる経験(ユーザエクスペリエンス)を豊かにすることが,設計(デザイン)での最も重要な課題です。

この講座では,「メディアアート表現による表現の実験」に参加して,マウスやキーボードを使わないコンピュータ操作を体験することで,ユビキタスネット社会の情報環境デザインについて考えます。そのため以下の2つのテーマについて,世界的に高く評価されているインタラクティブメディアアート作品を体験します。次にメディアアート表現が人間の感性とユビキタスネット環境を構成する装置との関係をデザインする上で重要な切り口であることを皆さんで考えていきましょう。このようにして芸術工学(デザイン)とは,次世代の生活環境を豊かにするためにビジョンを描き新しい提案を可能にする学問であることを学んでいただくことを期待します。

 

○テーマ1 OLE Coordinate System: 主観志向座標系を用いただまし絵表現
詳細、デモムービー等はこちら

○テーマ2 Freqtric Project: 人の手や肌を叩くことで,数種類の音を鳴らすコミュニケーション表現,新しいゲーム表現
 
詳細、デモムービー等はこちら