入試情報

先輩からのメッセージ

Message
イメージ
2001年 環境設計学科卒業/山口圭子/KAJIMA DESIGN 建築設計統括Gr.プロジェクト設計統括
人のためのデザイン

芸術工学の中心には人がいます。人が感じること、求めることをカタチにするためには何をしたらいいかを学ぶ場所が芸術工学部だと思います。私が大学で学んだことは「モノと向き合う姿勢」です。そのモノがどうあるべきか、そのために自分は何をしたらいいかを考え、実践的な経験を通し、必要なものを見つけ出す。


そんなデザインの面白さに惹かれ、私は今、建築設計の仕事をしています。建築をつくるには、たくさんの人と思いを1つにしなければなりません。相手に伝わる言葉を選び、自分の考えを説明することが求められます。時には自分の専門外の分野においても、です。そんな時でも、自分の姿勢が揺るがなければ相手に伝わるものだと感じています。また、伝わる瞬間はとても嬉しいものです。芸術工学部で出合った知識と技術と人達は、デザインを楽しむ素直な感覚を支え続けているようです。