入試情報

先輩からのメッセージ

Message
イメージ
1996年 工業設計学科卒業/田中雅子/日産自動車株式会社デザイン本部 パーシブド・クオリティ部
ものがあふれる時代だからこそ選ばれる製品をつくりたい。

ペンの形は誰が考えるの?枕は?台所用品は?子供のおもちゃは?「それは、デザイナーじゃない?」と言われて初めて、工業デザイナーという職種を知りました。でも、私は絵が描きたいわけではない。人々に喜ばれる製品が作りたい。ものがあふれる時代だからこそ、選ばれる製品が作りたい。その為に、そこに潜む理由を探求できる勉強がしたかった。全国の大学案内を片っ端からめくって探しあてたのが、人間工学という学問でした。


芸工では芸術(デザイン)、工学、生理学、心理学、多方面な勉強ができました。今は自動車のデザイン部門でクオリティを感じるものづくりを追求しています。世界中のお客様が自動車に求めるもの、購買行動、思考プロセスを探りながら、解決策を練る。いろんな切り口で考え、提案することが求められる中で、芸工で学んだすべてをフルに活かしている最中です。