入試情報

先輩からのメッセージ

Message
イメージ
1987年 音響設計学科卒業/宮本則子/東芝マイクロエレクトロニクス
ICとオーディオ。日々やりがいを感じています。

オーディオ用DSPのソフトウェア設計に携わっています。DSPとはICの一種で、デジタルシグナルプロセッサの略です。オーディオセットの中の1部品ですが、とても重要な役割を担っています。たとえば、DVDの音声規格であるDolbyDigitalやdtsのデコード、携帯オーディオに使われているMP3やATRACのデコードを行ったり、コンサートホールやライブハウス等の音場をシミュレートしているのは、DSPのソフトウェアです。音響設計学科で聴覚を鍛え、音に対する集中力を養ったこと、音楽への興味を更に広げられたことは、設計したICの音の評価にとても役立っています。


また、顧客であるオーディオメーカーにたくさんの先輩・後輩がいて、それらの方々と同じ言葉で話ができるので、仕事もやりやすいし、楽しくなります。ICは、オーディオ製品のなかでも、今後ますます重要になっていくでしょう。特に、DSPの設計は音を決める大事なところですので、日々やりがいを感じています。キャンパスで多くの時間を過ごしてください。諸先輩が40年近くにわたって築き上げた、有形無形の伝統、財産が両手を広げて君たちを待っています。その伝統をしっかり受け継ぎ、「人間を活かすデザイナー」を目指そうではありませんか。