入試情報

先輩からのメッセージ

Message
イメージ
2004年 芸術情報設計学科卒業/仁田坂拓人/株式会社 乃村工藝社 CCカンパニー プロダクト統括部 プロダクト・ディレクション1部
モノを造る素晴しさと造り方を芸術工学という分野をとおして多角的に考えることを学びました。

私は、イベントのブースや企業PR施設のプロダクトディレクターをしています。プロダクトディレクターは、製品等の展示空間の制作を統括する役割を担っています。具体的には、デザインされた展示空間を実際の形にしていくことが基本的な仕事です。モノの造りの仕組みを考慮して、現場で効率よく作業ができるように業務を推進しなければならず、想像以上の難さがあります。寸法を1cm間違えただけで、対象が納まらなくなってしまうような、シビアな場面もあります。


大学では、自分の手で彫刻を手がけ、モノを造る素晴しさを実感しました。また、モノの造り方・仕組みを多角的に考えることを、芸術工学という分野で学ぶことができました。