新着情報

新着情報詳細

未来デザイン学センター・キックオフシンポジウムを開催

平成29年3月3日(金),本学の学内共同教育研究センターとして設置した未来デザイン学センターのキックオフシンポジウムを開催しました。
丸野理事・副学長,大学院芸術工学研究院の安河内院長からの挨拶の後,第1部では,経済産業省商務情報政策局の西垣淳子生活文化創造産業課長(クリエイティブ産業課長)から「デザインへの期待」として基調講演がありました。
西垣課長は,デザインへの考え方は大きく変化し,視覚で捉えることのできる物だけではなく,手法や社会貢献活動を含めた有形・無形・融合の領域へ再編されたこと,「デザイン」とは,ユーザーニーズを的確に捉えコンセプトを設計し最適な製品・サービスを生み出す活動と考えられていることを説明しました。また,現在政府が主導している「クールジャパン政策」においても,デザインの力を活用したさまざまな事業で,日本各地の魅力を発掘し海外へ発信することを推進していると紹介があり,「デザインを通じ,豊かな社会へ」と締めくくりました。
第2部では,未来デザイン学センターの森田昌嗣センター長から,センターの取組と今後設立を検討しているデザイン学コンソーシアムについて紹介があり,その後のパネルディスカッションでは,東京藝術大学の須永剛司教授,筑波大学の山中敏正芸術系長・教授,京都工芸繊維大学の櫛勝彦教授,千葉大学の小野健太准教授,公益財団法人日本デザイン振興会の青木史郎常務理事,公益社団法人日本インダストリアルデザイナー協会の田中一雄理事長,未来デザイン学センターの清須美匡洋副センター長らをパネリストとして,「デザイン学が未来の社会創生に果たすべき役割」をテーマに討論を行いました。
パネルディスカッションでは,各大学のデザイン教育の取組を紹介した後,「デザイン」が,より良い世界を創造するための力となり得ること,また,デザインの必要性が産業界だけでなく市民生活や文化の形成などの社会創生の役割を担うようになったこと,そのことから多様な研究領域を結ぶ実践的なデザイン学の体系化の必要性,またデザイン学系分野の大学間による連携研究および産学官連携の必要性などについて語られました。

芸工フォトギャラリーに開催の様子を掲載しています。


問い合わせ先
芸術工学部企画・広報係
電話:092-553-4429
Mail:gkskoho★jimu.kyushu-u.ac.jp
※メールアドレスの★を@に変えてください

掲載期間 2017.03.30 〜 2027.12.31