新着情報

新着情報詳細

【お知らせ】Mario de Vega - ”電磁放射,垂直性と不安定なシステムたち"

この度,九州大学芸術工学部音響設計学科城研究室では,現在来日中のメキシコ人作家 Mario de Vega を迎えて,”電磁放射,垂直性と不安定なシステムたち”(Electromagnetic Radiation, verticality and unstable systems)と題したライブパフォーマンスとトークをおこないます.トークでは,”LIMEN - 伝達の生態系”(LIMEN: Ecologies of Transmission)と題された彼の近著(17 Estudios Críticos, 2016)に沿って,アーティスティックな実践に基づく,歴史,哲学,生態学,社会学,文化,メディアといった視点から,ワイヤレスでの通信に関わる電磁放射の見えないレイヤーとその情緒的な質について分析していきます.

We will have a live performance and talk of Berlin/Mexico based artist, Mario de Vega “Electromagnetic Radiation, verticality and unstable systems” at our campus, Department of Acoustic Design at Ohashi, Fukuoka. The talk is based on his recent publication "LIMEN: Ecologies of Transmission" (17 Estudios Críticos, 2016) where the authors observe hidden layers and affective qualities of electromagnetic radiation (EMR), giving attention to microwaves which has been appropriated for the use of wireless telecommunication.

<プロフィール>
Mario de Vega
1979年メキシコ生まれ.ベルリンおよびメキシコで活動.人の知覚の限界と聴取の物理性の探求を通じて,音の物質性(マテリアリティ),システムの脆弱性,マテリアルと個々人,そして不安定な配置の美的な可能性を掘り起こしている.

Born in Mexico City, 1979. Lives and works in Berlin and Mexico City.
Exploring the threshold of human perception and the physicality of listening, Mario de Vega ́s work digs into the materiality of sound, the vulnerability of systems, materials and individuals, and the aesthetic potential of unstable arrangements.

<Website>
http://mariodevega.info/ /
http://r-aw.cc/

<入場>
無料 

<日時>
2017年6月23日(金)
17:00 開場
17:30 ライブパフォーマンス <Mario de Vega>
18:30 トーク <Mario de Vega> 通訳:城一裕(九州大学芸術工学研究院准教授)
(20:00終了予定)

<場所>
九州大学大橋キャンパス音響特殊棟スタジオ
http://www.design.kyushu-u.ac.jp/kyushu-u/access

<主催>
九州大学芸術工学部音響設計学科城研究室
jo@design.kyushu-u.ac.jp

掲載期間 2017.06.19 〜 2017.06.24