新着情報

新着情報詳細

【研究成果】瘦せ型遺伝子は寒さに強い!? –遺伝子による体の産熱反応の違いを初めて実証–

九州大学大学院芸術工学研究院の西村貴孝研究員(現長崎大学大学院医歯薬学総合研究科助教)、綿貫茂喜教授、北里大学医学部の勝村啓史研究員(現岡山大学日本学術振興会特別研究員)、太田博樹准教授らの共同研究グループは、現代人においてUCP1 (uncoupling protein 1) 遺伝子のタイプによって寒冷刺激に対する非震え産熱反応に違いがあることを初めて実証し、UCP1の進化が人類の寒冷地進出に重要であったとする仮説を支持しました。


→以下、詳しくは添付ファイルを参照ください。

添付ファイル 痩せ型遺伝子は寒さに強い!?詳細
掲載期間 2017.07.20 〜 2018.07.20