新着情報

新着情報詳細

SDGs を達成するためのデザインワークショップ「Design for SDGs in Fukuoka 2017- ユニバーサル都市・福岡デザインワークショップ / Global Goals Jam Fukuoka-」を開催します!

デザインは、社会課題に対してなにができるのか。

デザインは、SDGsに対してなにができるのか。

国連によって定められた17つの持続可能な開発目標「SDGs」を基軸に、全世界で同時多発的に開催される、2030年の福岡の課題解決を目的とする2日間のデザイン創造ワークショップです。
SDGsゴール11「住み続けられるまちづくり」をテーマに、IoT(Internet of Things)やデジタルファブリケーションといった技術を、未来の社会へ活かし、多様な人々が働きやすい2030年の未来のデザインを創造します。
本イベントは、世界各国で同時に開催されるGlobal Goals Jam、ユニバーサル都市・福岡デザインワークショップの一貫として開催され、本ワークショップの成果はウェブサイトを通じて公開されます。
九州大学大学院 芸術工学研究院が開催する本ワークショップへの参加者を募集します。
世界の課題解決に挑戦したいデザイナー、エンジニア、プログラマー、コンセプター、リサーチャーのご応募お待ちしてます。
Let’s design 2030 together!

◯日時  
  ワークショップ   2017.9.16-17 (2日間) 10:00-20:00
  オープンセミナー  2017.9.15 17:00-19:00

◯場所  Fukuoka Growth Next 1F スタートアップカフェ
◯対象  市民、教員、学生、デザイナー、メイカー、研究者で2日間参加できる熱意のある方
◯主催  九州大学大学院 芸術工学研究院
◯共催  一般財団法人 たんぽぽの家
◯後援  福岡市、福岡地域戦略推進協議会 (Fukuoka D.C)
◯オープンセミナーの参加の申し込みはこちらから:
  参加申し込みフォーム
◯ワークショップ参加の申し込みはこちらから:
  参加申し込みフォーム

※選考結果は8月中にご連絡いただいたメールアドレス迄、ご連絡いたします。
※見学希望は事前申込制となります。

お問い合わせ
九州大学大学院 芸術工学研究院
担当 伊藤、張(ジャン)
kidnext@design.kyushu-u.ac.jp

参照サイト Global Goals Jam
添付ファイル ポスター
掲載期間 2017.08.19 〜 2027.12.29