新着情報

新着情報詳細

公開セミナー「Design for SDGs in Fukuoka 2017」を開催します。

デザインは、社会課題に対してなにができるのか。

デザインは、SDGsに対してなにができるのか。

国連によって定められた17つの持続可能な開発目標「SDGs」を基軸に、デザインと社会課題の関係性を議論するトークイベントです。
これまでユニバーサル都市・福岡デザインワークショップで市⺠と共に創られたデザインや、2016年より行われているSDGsのためのデザインワークショップ Global Goals Jamにて生み出されてきたデザインの事例を共有しながら、 社会課題へのデザインの可能性を考えます。

本イベントは Design for SDGs in Fukuoka 2017
- Global Goals Jam Fukuoka / ユニバーサル都市・福岡デザインワークショップ -の一環として開催いたします。


時間 2017年9月15日(金) 17:30-19:00
場所 Fukuoka Growth NEXT 1F スタートアップカフェ
申込 事前申込制フォーム https://shin53.typeform.com/to/Km7Erk


第一部 『社会的なデザイン』

 「インクルーシブデザインとは」 平井康之 (九州大学大学院 芸術工学研究院 教授)

 「ユニバーサル都市・福岡 デザインワークショップ」 張彦芳 (九州大学大学院 芸術工学研究院 学術研究員)

 「Global Goals Jam」 伊藤慎一郎 (九州大学大学院 芸術工学研究院 テクニカルスタッフ)


第二部 『福祉の現場とデザインの可能性』

 「みんなが作れる環境」 藤川敦志 (キュリオ3D代表)

 「障害と未来のしごと」 小林大祐 (一般財団法人 たんぽぽの家)

  ディスカッション

掲載期間 2017.09.12 〜 2017.09.15