新着情報

新着情報詳細

【最優秀賞:かごしまデザインアワード2017、他受賞】大学院デザインストラテジー専攻の学生が受賞しました

大学院デザインストラテジー専攻(修士1年)の森山陽介さんが、以下のとおり、最優秀賞等を受賞しました。

■最優秀賞:かごしまデザインアワード2017
2017年12月26日(火)、「かごしまデザインアワード2017」において、最優秀賞を受賞しました。
「かごしまデザインアワード2017」は、鹿児島地域の特産品をはじめとする商品や企業、観光地などにデザインを結びつけることにより、販売促進及びデザイナーの育成を図ることを目的としたプロジェクトです。

-作品コメント-
既存製品「手焼きさつまあげせんべい」のパッケージのデザイン。
ネーミングを「さつま揚げを丸ごとせんべいにした」という特徴から「さつまるせんべい」に変更し、鹿児島の薩摩藩島津家の家紋である「丸に十字」と「さ」をモチーフにしたロゴをデザイン。
コンセプトは「鹿児島らしく、楽しく、あたたかい」とし、鹿児島らしい桜島や波、力強さ、カラフルでテンポが良い楽しさ、暖色やタイポグラフィで温かみを表現。
お土産売り場で購入者が最初に目につく箇所がパッケージの正面であることに着目し、正面の模様を上下左右、そして上面へと連続するようにすることで、「面」として大きくアピールできるデザインを提案。

-受賞者のことば-
今回のアワードはプロとして活躍されている多くの方々の中から選んでいただき、大変光栄に思うと同時に驚いています。
今後はさらに質の高さを心がけ、一生懸命製作に向き合っていこうと思っています。



■優秀賞:第29回 人工知能国際会議 シンボルマーク
2017年12月28日(木)、第29回人工知能国際会議(International Joint Conference on Artificial Intelligence,IJCAI)のシンボルマークデザイン募集において、優秀賞を受賞しました。
人工知能国際会議は、人工知能 (AI) の様々な分野の研究者が集まる人工知能学会分野でトップの国際学術会議です。

-作品コメント-
発展、向上、和、交流、知性の5つをコンセプトに製作した。
人口知能国際会議の例年のロゴとの繋がりを意識した上で、日本らしくシンプルで力強いデザインとなるよう工夫夫した。
気品、誇り、楽しさ、広がりを感じさせ、印象に残るようデザインした。
日本や名古屋を象徴する日の丸や富士山、しゃちほこをモチーフとして表現している。
また、白黒での使用も想定しており、幅広い使用用途に適したロゴになっている。


※森山さんは、2017年11月11日(土)に、「ユニバーサル都市・福岡賞2017」において、アイデア賞も受賞しています。