新着情報

新着情報詳細

シンポジウムのご案内 「サイエンスとデザイン」(3月2日)

下記の通り「サイエンスとデザイン」をテーマにシンポジウムを開催します。

趣旨:
近年、デザインの範囲はモノづくりだけではなく、サービスや社会問題の解決、その仕組みつくりなどにも広がっています。エビデンス・ベースド・デザイン(根拠に基づくデザイン)という⾔葉がありますが、よいデザインはその理由を論理的に説明できることが重要です。そして、その根拠となるものの⼀つにサイエンスとしての⼈間や環境の理解があります。新しい科学的な発⾒が新しいデザインを⽣むきっかけになることもあります。また、よいデザインがあって科学が後からその根拠を明らかにすることもあります。デザインの中のサイエンスはその両⽅の役割が求められています。本シンポジウムでは、⽇本のデザイン系⼤学または学部において、第⼀線で活躍されている⽅々をお招きし、どのような教育や研究を実践されているかについてお話しを伺い、デザイン学の中のサイエンスの可能性とその未来について考えたいと思います。

テーマ:「サイエンスとデザイン」 
日 時:2018年3月2日(金)13時30分~17時30分
場 所:九州大学大橋キャンパス3号館2階322教室
参加費:無料

13:30~ 趣旨説明 樋口重和(九州大学大学院芸術工学研究院 教授)
13:50~ 下村義弘(千葉大学大学院工学研究院 教授)
    「生理人類学とデザイン」
14:30~ 伊藤精英(公立はこだて未来大学情報アーキテクチャ学科 教授)
    「プロセス知覚とデザイン」
15:10~ 休憩
15:20~ 串山久美子(首都大学東京システムデザイン学部 教授)
    「インタラクティブアートとデザイン」
16:00~ 花里俊廣(筑波大学芸術系 教授)
    「建築計画とデザイン」
16:50~ 総合討論
17:30~ 終了

添付ファイル フライヤーPDF
掲載期間 2018.01.19 〜 2018.03.02