新着情報

新着情報詳細

九州北部豪雨災害復興支援「松末の木と石の時計づくりワークショップ」

朝倉市立松末小学校で「松末の木と石のワークショップ」を行いました。このワークショップは、豪雨災害の復興支援(九州大学九州北部豪雨災害調査復旧復興支援団)の一環です。松末の災害倒木(杉)と校庭の石をつかって、全校児童27人の手によって工作し、松末にしかない時計を作りました。また、児童と教職員一人一人の絵が刻まれた災害流木のしおりを九州大学の学生(知足研究室)が中心となって制作し、プレゼントしました。