新着情報

新着情報詳細

【復興支援】本学府学生他が朝倉市長に支援金を寄附

 昨年発生した九州北部豪雨は河川の氾濫や土砂災害などによって、人や家、思い出の場所までも失うような大きな被害となりました。なかでも林業が盛んな朝倉市やその周辺地域では、大量の杉が土砂とともに流れたことで特に被害が拡大しました。

 朝倉のために何かできないかという思いから、アートの力を結集して支援するプロジェクトがスタートしました。朝倉産の杉材を使用して「おきあがりこぼし」の原型を制作し、プロジェクトに賛同いただいた149名という多くのクリエイターの方々に、おきあがりこぼしをさらに魅力ある作品にしていただきました。今年9月に福岡市及び北九州市で開催した「あさくら杉おきあがりこぼし展」では、それらのおきあがりこぼし作品を展示・販売し、多くの方からご支援・ご協力をいただきました。


 この度、10月17日(水)に、展示会の売上金全額を含めて約130万円を、本学府コンテンツ・クリエーティブデザインコース修士2年の河内厚志さんと鶴真由子さんが代表し、復興支援の支援金として、朝倉市に寄付させていただきました。
 この支援金が朝倉地域の復興に少しでも役立つことを祈念し、今後も活動を行っていきたいと思います。

参照サイト あさくら杉おきあがりこぼし展
あさくら杉プランター
掲載期間 2018.10.17 〜 2019.03.31