新着情報

新着情報詳細

第11 回デザイン基礎学セミナー「デザイン図書館というデザイン」開催のご案内

九州大学大学院芸術工学研究院は、デザインの体系化を目的としデザイン学の基礎論に取り組んでいます。この度、株式会社リ・パブリックの市川 文子氏と丸善雄松堂株式会社の増井 尊久氏をお招きし、第11回デザイン基礎学セミナー『デザイン図書館というデザイン』を開催します。どなたでもご参加いただけますので、みなさまのお越しをお待ちしております。

テクノロジーの発達とともに、我々を取り巻く情報環境はもとより、「情報」という概念そのものが大きく拡張しつつある今、「高次のデザイナー」を支援する図書館はどうあるべきか?
このセミナーでは、海外の大学図書館に関するトレンドや事例を通して、誰もがクリエイターになり得る時代の大学図書館のありかたを考えます。



[登壇者]
市川 文子  Fumiko Ichikawa
株式会社リ・パブリック共同代表。慶応義塾大学大学院修了。ノキア社にて約10 年間UX・エキスパートとして実態調査の設計とディレクション、端末づくりを手がけた後、株式会社博報堂イノベーション・ラボを経て現職。豊富なリサーチ経験を元にイノベーションの生態系の研究と実践を手がける。

増井 尊久 Takahisa Masui
丸善雄松堂株式会社Research & Innovation 本部ソリューション開発部企画開発担当課長。シカゴ大学大学院修了。卒業後は日本でデジタルアーカイブの商品開発に従事。現在はファブスペースを中心に、図書館利用者または学習者を情報のクリエイターとして支援する学習空間の構築に取り組む。

[日時]
2019 年10月21日(月) 16:30-18:30

[会場]
九州大学大橋キャンパス デザインコモン2F

[共催]
九州大学大学院芸術工学研究院・芸術工学部未来構想デザインコース・芸術工学図書館

[お問合せ]
古賀 徹(九州大学大学院芸術工学研究院) 
toru(a)design.kyushu-u.ac.jp

添付ファイル 第11回デザイン基礎学セミナーチラシ
掲載期間 2019.10.01 〜 2019.10.31