芸工ウォッチ

学生ギャラリー<作品・研究・活動>

積層スクリーンを用いた映像作品「まちは・・・」の制作

徳盛哲之
 
本作品は街をかたどった半立体的な積層スクリーンに「町の1日」をテーマとした映像を投影したものである。スクリーンは鑑賞者が街の1日を「傍観する」感覚を得られるように存在感のあるものとし、パネルが重なり合った積層スクリーンを制作した。投影する映像は街の1日を夜明けから夜中まで「めざめる」「はたらく」「ぼやける」「にぎわう」「ゆめみる」の5つのパートにわけて制作した。結果として、積層スクリーンによる独特の表現の追求や鑑賞者に「街の1日」を意識することを促す作品となった。
一覧に戻る