芸工ウォッチ

学生ギャラリー<作品・研究・活動>

環境設計学科卒業設計:ある本の物語

松竹 祐介
 
ヒトやモノで満たされた現在の都市は、日々変化し続けています。そのような都市において建築は、あらゆる変化を許容することのできるハコとなる必要があるのではないでしょうか。
本計画は、空洞化し、衰退に向かうと考えられる地方都市の市街地における新たな人の居場所について提案したものです。
一覧に戻る