芸工ウォッチ

芸工フォトギャラリー

学生係長 柴田昌良
 
平成28年10月14日(金)、九州大学芸術工学部のフライパン広場にてデジタルパフォーマンス公演「風神 雷神」を開催しました。

主催のPanX(パンクス)とは、九州大学芸術工学部・芸術工学府が誇る、新進気鋭のクリエイターによる学生団体です。「授業よりも夢中になって勉強した技術力」と「お金と時間を投資してきた経験値」を武器に、ダンスとパーカッションを組み合わせた、観客参加型デジタルパフォーマンス公演として「風神 雷神」を行いました。

スマートフォンアプリを製作し、来場者とのコミュニケーションを図る参加型のパフォーマンス公演のため、大人も子供も参加して楽しめるイベントになりました。

3回の公演で520名の方にご来場いただき、多くの方から次回の公演にも関心があると言っていただきました。
また、初めて芸工に来た方が多く、工施設公開、芸工祭に並ぶ、大橋住民と芸工(生)との架け橋になったと思います。