芸工ウォッチ

芸工フォトギャラリー

 
平成29年12月20日~22日までの期間,九州大学大橋サテライト・ルネットにおいて,「あさくら杉と21のプロダクト」展を開催しました。

本展は九州大学芸術工学部工業設計学科と大学院芸術工学府・工学部の学生が、九州北部豪雨での流木や朝倉の杉を使ったデザインで実際に自分たちの作った製品の展覧会です。

朝倉の被災現場や流木置き場を見た学生が、思いや知恵をこめて制作しました。
家具を中心に杉を活かした様々な雑貨を製作・提案しています。
ただ作品は情緒的な思いだけでなく実用的・産業的な価値を考え今後参画企業も更に募りながら進めていきます。また福岡県とも相談し、これらの商品の一部が商品化していくことも検討しています。

このプロジェクトは、九州大学平成29年7月九州豪雨災害調査・復旧・復興支援団の流木再生プロジェクトの一環として行っています。