九州・山口・沖縄地方を中心とした生物のリズム現象に関連した 研究室の間の交流を目的として以下の日程で研究会を行います。 以下に書かれている情報はまだ仮の段階です。ご意見があれば世話人までお知らせ下さい。

参加登録

登録はこちらから 参加登録の締切はいったん締切りましたが、もしご興味有る方がいらっしゃいましたら hito[at]design.kyushu-u.ac.jp までご連絡いただければ幸いです。まだ若干名受付可能です。

日時

2016年4月9日(土) 13:00〜

場所

九州大学箱崎キャンパス 「21世紀交流プラザII」2F 第2講義室

建物の位置はこの地図の58番です。 箱崎までのアクセスはこちら 地下鉄箱崎線「箱崎九大前駅」JR「箱崎駅」が最寄り駅です。

プログラム

13:00~13:05開会のあいさつ
13:05〜13:30辻村誠一 (鹿児島大学大学院理工学研究科)マウス用多原色光源刺激システムの構築
13:30〜13:55橋口周平 辻村誠一 (鹿児島大学大学院理工学研究科)明暗サイクルが抗体応答に与える影響に関する検討
13:55〜14:20李相逸 (九州大学大学院芸術工学研究院)子どもを対象とした光の非視覚作用に対する分光感度に関する研究
14:20〜14:45田中冴季 (九州大学大学院芸術工学府)朝夜それぞれの光環境が非視覚的生理反応や生体リズムに及ぼす影響およびその個人差
14:45〜15:10福田裕美 (福岡女子大学)明暗サイクルがもたらす食事誘発性熱産生の日内変動とヒトの体格に関する研究
15:10〜15:20休憩
15:20〜15:45鶴留優也 (九州大学大学院薬学研究院)足場タンパク質NHERF1によるFatp5膜局在の日内変動制御機構
15:45〜16:10高井佑輔 (九州大学大学院農学研究院)幼若期における短日条件がマウスの神経新生・分化に及ぼす影響
打和龍宏 (九州大学大学院農学研究院)若齢期の日長がマウスの成長や代謝に及ぼす影響
16:10〜16:35福永耕大(琉球大学理学部海洋自然科学科)熱帯性ハタ科魚類における時計遺伝子の月周性変動
16:35〜17:00大原隆之(九州大学大学院システム生命科学府)多様な日長条件下でのロバストな代謝を可能にする植物概日時計の位相応答
佐竹暁子(九州大学大学院システム生命科学府)季節のない熱帯で見られる植物の季節性:一斉開花を例に
17:00〜17:25伊藤浩史 (九州大学大学院芸術工学研究院)1つの細胞の概日時計の正確さ
移動箱崎九大前18:04→中洲川端18:12
18:30~懇親会(中洲)

参加予定者(順不同・敬称略)

松永直哉
小柳悟
森田朱莉*
鶴留優也
打和龍宏*
辻村誠一
高井佑輔*
竹村明洋
福永耕大
宇田川伸吾
和泉遼太郎
宮城ひとみ
樋口重和
李相逸
大原隆之
佐竹暁子
田中冴季
福田裕美*
橋口周平
関元秀
座波紗子
安尾しのぶ
伊藤浩史
(*懇親会不参加者)

世話人

  • 安尾しのぶ(syasuo[at]brs.kyushu-u.ac.jp)
  • 伊藤浩史(hito[at]design.kyushu-u.ac.jp)

  編集 添付 リロード   新規 一覧 単語検索   最終更新のRSS