九州大学大学院
芸術工学研究院
環境・遺産デザイン部門
藤原惠洋研究室

〒815-8540
福岡市南区塩原4-9-1
Tel:092-553-4529
Fax:092-553-4529

研究

 研究専攻は日本近代建築史学及び芸術文化環境論である。建築・都市・生活空間の諸相から明治以降の日本とアジアの近代化過程、とりわけわが国における建築文化の中で和風化を跡づけてきた。発展的に、明治以降の日本文化におけるナショナリズムの形成と影響を検討している。元来の研究基盤は建築史学であり、基盤を強化する過程で、実証的歴史学、デザインサーヴェイ学、芸術文化政策論を展開している。また芸術文化環境論は 1997 年に独自の観点から芸術文化領域と社会の橋渡しを意図して創出した学際領域であり、現在は全国的に重要な領域として幅広い社会的意義を有するに至っている。