トピックス

「新たな日常構築に向けて」上天草市と九州大学が協定

 

九州大学未来デザイン学センターと上天草市は、新たな日常の地方創生の実現を目指し、相互に連携・協力する包括連携協定を結びました。
本包括連携協定を通じて、光ファイバ網の整備を機会と捉え、デジタルトランスフォーメーションによるSociety5.0及びSDGsの実現を視野に入れた、新たな日常の上天草市モデルを構築します。

また、2020年7月31日に、上天草市役所にて調印式をおこないました。今後、新たな生活様式のあり方についても議論し深め、地方創生にも寄与する政策につなげていくとともに、デザインを用いて、自治体の新たな姿となるような取り組み推進いたします。