トピックス

知的財産と標準化・オンラインシンポジウム「技術・デザインの国際標準化の現在地」

九州大学大学院芸術工学研究院では、知的財産のオープン&クローズ戦略を推進しています。
オープン戦略の一環としての知的財産と標準化、特に技術の標準化については国際的な動向も含め大きな話題となっています。他方、デザインの国際標準化については、技術の国際標準化との比較を含めてはこれまで十分に紹介されてはきませんでした。本シンポジウムでは、技術・デザインの国際標準化について比較しつつ、その現在地を明らかにしたいと思います。

[日時]
2022年1月18日 18:15-19:45

[プログラム]
「技術の標準化-知的財産との関係性-」
上條由紀子(国立大学法人長崎大学研究開発推進機構FFG
アントレプレナーシップセンター センター長・教授)

「グラフィックデザインと標準化-案内用図記号(ピクトグラム)を中心に-」
伊原久裕(九州大学大学院芸術工学研究院 教授)

「欧州における技術の国際標準化」
Christoph Rademacher(早稲田大学大学院法学研究科 教授)

ディスカッション
司会:麻生典(九州大学大学院芸術工学研究院 准教授)

[場所]
オンライン

[定員]
100名

[参加料]
無料

[参加申込み方法]
こちらの参加申し込みフォーム に、必要事項をご記入の上、お申し込みください。開催前日にメールにてZoomURLを送付いたします。届かない場合は「迷惑フォルダ」などに入っている場合もございますので、必ずご確認ください。

[申込締切]
1/17(月)

[主催]
九州大学大学院芸術工学研究院・九州大学未来デザイン学センター

[お問い合わせ]
九州大学大学院芸術工学研究院 麻生典
aso(a)design.kyushu-u.ac.jp