コンテンツ創成科学部門

部門概要

コンテンツ創成科学部門は、情報通信技術を高度に活用し、芸術的感性の諸科学への融合を促し、独創性の高い価値ある情報を創成しうる学際的研究・実践へさらに発展させることを目的としています。先端メディア技術を背景とした制作実践環境を支援して、芸術的感性や諸科学の融合による独自性のあるコンテンツやメディア芸術の創成やエンターテインメントの科学研究・感性評価などを行っています。

本部門は、高品位な映像を映し出せる大型の映像装置や音響環境を整備し、次の芸術的感性と諸科学を融合した新しい価値観の創造と学際的研究・教育プロジェクトの支援とその推進を目指します

  • 芸術的感性と論理的思考を融合させた芸術的・科学的に高度な表現技術についての教育研究に関すること。
  • 人間の感性情報を科学的に捉え、処理し、デザインに結びつける教育研究に関すること。
  • 芸術的感性と諸科学との融合による学際的研究の企画および実施に関すること。

メンバー

矢向 正人 教授 音楽学、音楽美学
伊原 久裕 教授 グラフィックデザイン、情報デザイン、タイポグラフィ
金 大雄 教授 、部門長 映像コンテンツデザイン、ミュージアムコンテンツデザイン
鶴野 玲治 教授 コンピュータグラフィクス
志堂寺 和則 教授 実験系心理学、交通心理学、認知科学、ヒューマンインタフェース
岡田 義広 教授 メディア情報学
松隈 浩之 准教授 デジタル映像デザイン
城 一裕 准教授 メディア・アート
石井 達郎 准教授 映像表現、映像提示デザイン
麻生 典 准教授 知的財産法
森本 有紀 助教 コンピュータグラフィクス