研究室での実践プロジェクト

九州大学ソーシャルアートラボでの取り組み

福岡市内から八女市黒木町笠原地区を訪れるアートバスツアー「里山を編む〜天神・奥八女バスの旅〜」(2016年10月実施)と、天神・大名エリアで八女のお茶をテーマに展開するプロジェクト「八女の大名茶会」(2017年2月実施予定)からなるアートプロジェクト。平成28年度文化庁「大学を活用した文化芸術推進事業」の一環として、社会人や学生などの受講生たちと一緒にプロジェクトを進めています。長津は九州大学ソーシャルアートラボのメンバーとして、プロジェクト全体の制作統括を共同で行っています。

九州大学ソーシャルアートラボについてはこちらから。

マイノリマジョリテ・トラベル・クロニクル実行委員会での取り組み

〈障害〉と〈健常〉、〈マイノリティ〉と〈マジョリティ〉の境界線に問いを投げかけたマイノリマジョリテ・トラベル。その10年の足跡をたどるドキュメンタリーの制作を通じて、東京の今を見つめるアーカイヴ・プロジェクトです。長津は事務局としてドキュメンタリー映画の上映会の企画制作などを行っています。

マイノリマジョリテ・トラベル・クロニクル実行委員会についてはこちらから。

認定NPO法人ニコちゃんの会との協働

「重い病気や障がいのある人や家族はもちろん、自分たちも共に楽しく」をテーマに福岡市内を拠点に活動している認定NPO法人ニコちゃんの会では、演劇やダンスのノウハウを用いたワークショップや公演を多数企画しています。長津は研究室としてイベントに後援させていただいています。

認定NPO法人ニコちゃんの会についてはこちらから。

映画「LISTEN リッスン」上映会

耳の聞こえない聾者(ろう者)たちが自ら「音楽」を奏でるアート・ドキュメンタリーを福岡初上映。監督を招聘したトークイベントもコーディネートしました。当日は手話通訳のほか、文字での情報保障のシステムとして「UDトーク」を導入。学生とともに共同で運営した企画となりました。

映画「LISTEN リッスン」についてはこちらから。

10月1日に実施したイベント詳細についてはこちらから。