NEWS
  • 【作品募集】2022年度「写真とことば」第2回ジェンダーデザイン・コンテスト開催

【作品募集】2022年度「写真とことば」第2回ジェンダーデザイン・コンテスト開催

昨年度に引き続き、九州大学芸術工学研究院 社会包摂デザイン・イニシアティブと、福岡市男女共同参画推進センター・アミカスが連携し、第2回「写真とことば」ジェンダーデザイン・コンテストを開催することとなりました。
コンテストではジェンダー平等について考えるきっかけをつくる表現を募集します。みなさんが普段から感じている「ジェンダー」を「ことばと写真」で表現してください。みなさんの問題意識を、これまでにない発想で、ユニークに表現されることを期待しています。

このコンテストは、福岡市や九州大学の男女共同参画や社会包摂デザインに関わることを理解していただき、それが表現やコミュニケーション活動にも展開することを期待して計画されたものです。また、コンテスト応募や受賞だけでなく、よりよい展開につながるよう広がりを期待し、九州大学基幹教育科目「社会包摂とデザインB」と連携をします。希望者はオンデマンド受講が可能となっています。またコンテスト終了後も、福岡市役所や福岡アジア美術館などで展示され、様々な方々と一緒に、社会包摂デザインを伝えていきたいと考えています。



【応募要項】

テーマ :写真とことばによる「ジェンダー」の表現

募集対象:テーマを写真と言葉で表現したもの。オンライン・オフラインで展示・閲覧や印刷が可能なもの

応募資格:個人やグループ、年齢、性別、職業、国籍は問いません
1. 「公開審査 :11/3(木・祝日)」にて、会場(アミカス) もしくはオンラインにてプレゼンテーションできる方
2. コンテスト会期中及び終了後、福岡市や九州大学での展示や印刷等による公開に同意の得られる方
3. 九州大学授業「社会包摂とデザインB」をオンデマンドで受講できる方

応募点数:制限なし 

賞と賞金:一次審査通過作品から、公開審査で3点程度の賞を決定し、表彰状と賞金(3万円)を授与します

審査員 : 知足美加子(九州大学芸術工学研究院教授)
      工藤真生(九州大学芸術工学研究院助教)
      小林美香(写真研究者)
      西村孝志(福岡市市民局人権部長 )
      三苫和弘(福岡市男女共同参画推進センター・アミカス館長)

審査基準:ジェンダー、社会包摂への理解、機知に富んだ表現、社会への訴求力など

スケジュール:
8 / 1 募集要項掲載ホームページ公開
9 / 30 募集締め切り
10月中旬 一次審査通過者へ通知
11 / 3 公開審査

※詳細は添付ファイルのチラシもしくはアミカスのウエブサイトからご覧ください。
添付ファイル
参照リンク