NEWS

第30回デザイン基礎学セミナー『美学から考える「場」とそのデザイン』

九州大学大学院芸術工学研究院 デザイン基礎学研究センターでは、以下のとおりセミナーを開催します。

第30回デザイン基礎学セミナー『美学から考える「場」とそのデザイン』

▪概要
美学(感性論)の仕事が、自分と異なる人・もの・自然との協働から新たな感性を発見・言語化することだとすれば、そこでは協働の「場」が生まれています。こうした場、さらにはそのデザインについて、美学の立場から考えてみたいと思います。

▪講師
秋庭史典 Fuminori AKIBA(名古屋大学大学院・教授)
1966年、岡山市生まれ。専門は美学。京都大学大学院文学研究科博士後期課程修了(美学美術史学)、博士(文学)。現在は、未来社会における幸せとは何か、そのために美学や芸術学は何ができるかという視点から研究を行っている。主な著書に『絵の幸福 シタラトモアキ論』(みすず書房、2020年)、『あたらしい美学をつくる』(みすず書房、2011年)など。

▪日時
2024年7月24日(水)18:00~20:00(開場 17:45~)

▪会場
九州大学大橋キャンパス デザインコモン2F+オンライン開催

使用言語
日本語のみ
The lecture will be given in Japanese only.

お申し込み
ご関心のある方はどなたでも自由にご参加できます。
参加ご希望の方は、以下リンクの申込みフォームからお申込みください(申込締切:7/23)。
*オンライン参加をご希望の方は、セミナー当日に、申込みフォームに入力頂いたメールアドレスに参加URL等のご案内をお送りします。事前にZoomの最新版をダウンロードしてください。

主催
九州大学大学院芸術工学研究院 デザイン基礎学研究センター
共催
九州大学芸術工学部未来構想デザインコース
添付ファイル
参照リンク