PROJECTS

【未来構想&音響設計】福祉音響製品 商品化。JR西日本新幹線テクノスと共同

未来構想デザインと音響設計はJR西日本新幹線テクノスと共同で、高齢者福祉施設の様々な問題の調査や実験・計測を行ってきました。

疾病や障害の他、加齢に伴う聴力の低下は、福祉施設や介護者の大きな負担になっています。

車椅子利用者と介護者の会話の負担を減らすための道具や医師との問診や会話の疎通を促す道具や介護者の声掛けの聞き取りやすいベッドヘッドボードなどの開発をすすめています。

まず、車椅子利用者と介護者の会話の負担を減らすための道具”ささやコール”が販売になりました。

福祉施設向けの商品ですが、人生100年時代や増加する認知症患者さんなどとの共存できる環境づくりや製品づくりを、未来構想デザインと音響設計と連携してすすめていきます。
添付ファイル
参照リンク