NEWS

【芸術工学50周年記念事業】PanXが野外イベントを開催しました

令和元年11月8日(金)に、大橋キャンパスフライパン広場に置いてPanXの2019年度公演『移ろう君、混ざり合う「  」』を開催しました。


PanXとは、九州大学芸術工学部、芸術工学府の学生によって2015年に設立された学生有志団体です。
これまで違うフィールドで活躍してきたメンバーが集結し、「授業よりも夢中になって勉強してきた技術力」と「お金と時間を投資していた経験値」を武器に、年度ごとに違った「面白いこと」に挑戦しています。
企画に始まり、演出、映像、音楽、照明、舞台、プログラミングに至るまで学生のみで作り上げます。


今年度は「インスタレーション×演劇」をキーワードに、噴水周辺などエリアを拡大して大規模にイベントを行いました。
120度の巨大スクリーンや繊細な美術、音効や照明の表現など来場者の方々が自分と向き合うことを目的に制作。
3回公演で194人の方にご来場いただきました。

後日youtubeに公演内容をアップロードする予定です。

1年ごとにメンバーが変動するという異質な団体でありながら、来年度も面白いことを求めてメンバーが集うことを願っています。
そして、PanXの公演が芸術工学部、芸術工学府の毎年恒例の催し物になるよう継続したいと思っています。

webページにて今後の活動など更新予定ですので是非ご確認ください。
参照リンク