Biological rhythms are repetitive phenomena in life.
The Ito lab is interested in mysterious behaviors in biological rhythms and the mathematical structures that underlie it.
To address the design principle of biological rhythms, we make use of bacteria, plants, squid, and biochemically reconstituted circadian oscillator.

生物リズムとは生命現象のなかで繰り返しおこる現象をさします。
私達の研究室では、生物リズムの不思議な振る舞いを発見して、その背後にある数理メカニズムを調べています。
バクテリア、植物、イカ、試験管内の体内時計を使って、生物リズムのデザインを少しずつ明らかにしていこうと考えています。

News

  • Ito will give a talk in 13th Malaysia International Genetics Congress (20Nov2019)
  • 伊藤がからつ塾で一般の方向けにお話をします。(26Oct2019)
  • 伊藤が「細胞を創る研究会」でセッションを行います。(26Oct2019)
  • 伊藤が新学術領域「ソフトロボティクス」領域会議に参加をします。(04Oct2019)
  • 伊藤が時間生物学会で講演を行います。関、金子、楠、澤田、丸山がポスター発表を行います。(11Oct2019)
  • 伊藤が数理生物学会で講演を行います。(16Sep2019)
  • 伊藤が機械学会で講演を行います。(10Sep2019)
  • Ito will give a talk in EBRS. (25Aug2019)
  • 伊藤がサイエンスカフェ in SAGAでお話をします (17Jul21019)
  • Ito and Maruyama will give presentations in CyanoClock 2.0 at Nagoya (21Jun2019)
  • Ito gave a poster presentation in Robo soft. (14Apr2019)
  • 伊藤が自律分散シンポジウムで時計とパターンの話をしました。(24Jan2019)
  • Sugi et al. was published in Nature communications. We report pattern formation by crowds of nematode in this paper.

  編集 添付 リロード   新規 一覧 単語検索   最終更新のRSS