Measurement

 

VSV :  Virtual Source Visualizer

近接した4点でインパルス応答を測定し,音響インテンシティを算出することで,主要な反射音を可視化します。この結果をパノラマ写真と組み合わせて提示することで,音場で何が起こっているのかを定性的に把握することができます。可視化のアニメーションの例はこちら:VSV_Hall_Movie-103


   録音スタジオにおけるサラウンドスピーカからの音放射の例

UAD : Uniformity of Arrival Direction

VSVで計測した結果から,等立体角分割して方向別のエネルギー到来量を算出します。VSVの結果に加えて,定量的な評価も行うことが可能になります。
UAD1 UAD2 UAD3_1

GMA :  Grid Microphone Array

MEMSマイクを96個,格子状に並べてアレイを製作しました。進行する音波の波面や,瞬時音響インテンシティの変化の様子などの可視化に使おうと考えています。音場再生装置の性能検証などにも用いることができます。
無響室での音波の進行の可視化の例はこちら