3月には恒例第3回のレコーディングセミナーを行っていただきました。
音を録音するためのマイクアレンジなどのテクニックが,楽器の振動や部屋の響きとどの様に関係しているのか,じっくり考えてみたい課題です。
またいい音が生み出させれるエフェクトが,どのような信号処理で実現されているのか,これもまた勉強できそうな課題です。

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてまたもやあっという間にみんなが卒業・修了して,新しい年度が始まりました。
今年度も音場再生技術を中心に,建築音響と電気音響の中間あたりを攻めていきましょう。

InterBEEに行ってきました。最新の放送やPA機器などが一同に会している展示会です。
多くのOBにも合うことが出来ました。
PAシステムの試聴会も覗いてきました。多くのラインアレイが並ぶ様子は圧巻です。

新年度となり、修士2年となった後藤です。

卒論や修論の発表が終わってから、いろいろあったのでまとめていこうと思います。

まずは4年生が卒研発表終了後に学科の追いコンがありました。
追いコンの翌日がバレンタインデーということもあり、
追いコンで配るために我々の研究室ではお菓子を作っていたのですが、下の写真はその中の一つの音響タルトです。

12716276_964158750341521_7001803634495622675_o

ちなみにこの音響タルトは最近まで保管されていましたが、夏にかけて腐食の恐れがあるために完全に廃棄されてしまいました。残念です。

3月には非常に著名なレコーディングエンジニアである吉田保さんによるレコーディンクセミナーが大橋キャンパスにて開かれました。

12829203_975462522544477_4194334769544101525_o

9月に名古屋で開かれたAESジャパンコンファレンスからトントン拍子で話が進んでいって、様々な人の尽力もあって無事に開催されました。

吉田さんのセミナーは非常に勉強になることばかりだったなぁと思うと同時に、やっぱりこういったイベントが開かれるのは "芸術"工学部ならではだなぁとも感じました。

3月のもう一つ大きなイベントである春季音響学会が3月9日〜11日の日程で桐蔭横浜大学にて開催されました。
その前日にCRESTの報告会があり、その報告会で発表する卒研生も学会に参加したことから今回も割と大人数で参加することができました。
夜にみんなで横浜中華街に繰り出したのが良い思い出です。

下に観光気分で写っている職員の写真を貼っておきます。
DSC_8258

その後、研究室の追いコン、卒業式、入学式、新歓コンパなど様々なイベントがありました。
新加入勢もだいぶ新生活に慣れてきているようで安心しました。また一年間頑張っていきたいと思います。

修士一年の金井です。
より一層寒くなってきましたがOBの方々はいかがお過ごしでしょうか。
福岡は久しぶりに雪が降りました。積雪3センチほどでしたが休校にはならず。。。笑

学士4年生・修士2年生は論文に追われています。
学士の方はほとんどが修士課程に進学予定をしておりますが
全部で数名が研究室から旅立ってゆくことになります。
研究が本分の私達ですが、社会に出て研究以外で関わる方
研究を続ける方と様々です。

尾本先生は変わらずお元気で忙しくしておりますが
来校の際にはぜひ研究室に足をお運びいただければと思います。
外に出た方の話は私達にとって研究とは違う勉強の場です。
とはいえ足元と服装にはお気をつけてお越しください。
思ったより寒いです。

OBの方も研究室の一員として私たちにご教示願えれば幸いです。

修士1年の後藤です。

最近は急に寒くなり、すっかり夏が終わってしまいました。

遅くなりましたが、今年の夏は9月11~13日に名古屋芸術大学で行われたAESジャパンコンファレンス・名古屋2015で行われた学生イベント「学生による研究室紹介」で尾本研究室の紹介をさせていただきました。自分の研究室の紹介を人にしたり、他の大学の研究室の話を聞く機会はめったにないので非常に良い経験になったと思います。

更にその次の週の9月16~18日の3日間、会津大学で行われた音響学会に参加をしました。尾本研究室から3件の発表があり、夜には会津若松の内陸の幸をいただきました。おいしかったです。

研究室の方も徐々に卒業研究や修士研究のために慌ただしくなってまいりましたが、これからも頑張っていこうと思います。