NEWS
  • 九大×FFG デジタルネイティブ世代に向けた金融サービスデザイン演習開講のご案内

九大×FFG デジタルネイティブ世代に向けた金融サービスデザイン演習開講のご案内

 九州大学 芸術工学府、ビジネス・スクール(QBS)、ロバート・ファン/アントレプレナーシップ・センター(QREC)は、株式会社ふくおかフィナンシャルグループ(取締役会長兼社長 柴戸 隆成、以下「FFG」)を産学連携パートナーに迎えて講義「クリエイティブ・リーダーシップ演習Ⅱ」(以下「本講義」)を開講し、受講生によるデジタルネイティブ世代(*1)向け金融サービスデザイン開発に関する講義・ワークショップを開催します。

九州大学 芸術工学府、ビジネス・スクール(QBS)、ロバート・ファン/アントレプレナーシップ・センター(QREC)は、先般「デザイン × ビジネス × アントレプレナーシップを融合した新教育プログラム」を掲げ、企業やNPOとのパートナーシップを通じて実践的教育のあり方を推進してきました。このたび、FFGがこれまで培ってきたサービス企画の知見・ノウハウの提供を得て、「デジタルネイティブ世代」である受講生自身が使いたくなるような金融サービスのデザインに取り組むことで新たな価値創出の手法と思想を学ぶ講義を開講します。
今後ますます社会的に重要な存在となるデジタルネイティブ世代に向けた新たな価値創出の知見を学ぶ場を創出することで、イノベーションに直結した実践的教育を推進します。

 なお、本件により得られた優れたサービスアイデアは、FFG傘下のiBankマーケティング株式会社(代表取締役 永吉 健一)が展開するスマートフォン専用サービス「Wallet+」や、新たなデジタルネイティブバンクの設立を目指す「みんなの銀行設立プロジェクト(*2) 」に活かすことで、講義の中で生み出されたアイデアを社会実装に向けて展開していくことを目指します。

*1:1981年~1996年生まれを指す「ミレニアル世代」と、1990年代後半~2000年代生まれを指す「ジェネレーションZ世代」の総称(FFGにて定義)
*2:関係当局の許認可の取得を前提としております


▪講義名:クリエイティブ・リーダーシップ演習Ⅱ

▪開催時期:2020年10月11日(日)~11月22日(日)(全5回)

▪開催方法:Zoomオンライン

▪担当教員:松永 正樹(九州大学ビジネス・スクール(QBS))

▪受講対象者:九州大学の院生・学部生はどなたでも受講できます

▪お問合せ先:九州大学大学院芸術工学研究院 研究院長戦略室
       cli@design.kyushu-u.ac.jp

添付ファイル