概要

概要

研究院長メッセージ

研究院長 谷 正和
大学院芸術工学研究院長
大学院芸術工学府長芸術工学部長
谷 正和

芸術工学50年

1968年に九州芸術工科大学が設立されて以来、芸術工学は2018年に50周年を迎えました。芸工大開学時にはじめて使われた「芸術工学」は、科学技術と人間の最も自由な発現である芸術を融合させた学問分野を目指しました。1960年代末は経済発展の様々な歪が顕在化した時期でもあり、社会的にも学生運動の盛り上がりとともに、変革が求められていた時代でもありました。科学技術の発展は豊かで便利は暮らしをもたらした一方で、深刻な公害も招来し、科学技術の発展に対する反省も始まりました。芸術工学の発足はそのような社会状況に対するアカデミアからの応答でもあり、芸工大は「技術の人間化」を掲げ、技術を人間生活に適切に利用するための道筋を設計する「高次のデザイナー」を養成するとしました。

次の50年

そこから50年がたち、現在では公害問題は克服され、主要な社会的課題ではなくなりましたが、芸術工学の必要性はますます大きくなっているといえます。21世紀の社会的課題は公害から少子高齢化、環境共生、高度情報通信社会の形成へと変化しており、デザインの対象も「モノ」から「コト」へ、さらに「ビジョン」へ大きく拡大しています。しかし、人間が技術を賢く利用することによって、より幸せな生活を送るための芸術工学であるという理念は変化していません。

さて、これからまた50年が経過し、「芸術工学100年」を迎えたとき、芸術工学はどうなっているでしょうか。それは芸術工学にかかわる全ての人にかかっているといえます。より多くの、より優れた人々がかかわるほど、より良い芸術工学の未来が創られていきます。したがって、より多くの優れた人が集まる、集まりたくなる教育研究の場を作っていくことが、次の50年後に向けた我々の使命だと思います。そのために、言語や文化の違いが活動の障壁とならず、その違いこそが芸術工学の前進への力となるような教育研究環境を作り、真に国際的なキャンパスになるように努めます。さらに、すべての芸術工学にかかわる人がステークホールダーとして参画する「デザイン・エコシステム」ともいえる緩やかなネットワークを形成し、大橋キャンパスがその結節点となり新たな創造の場とします。多様な能力を発揮する場を求めている全ての皆様の芸術工学への参加を心からお待ちしています。

組織

九州大学では、学生が所属する教育組織である「学部」(School)及び「学府」(Graduate School)と、教員が所属する研究組織である「研究院」(Faculty)を分離し、教員の専門分野の枠を超えて、多様な教育に対応できる体制をとっています。

この制度に基づき、芸術工学部と大学院芸術工学府には、芸術工学研究院に所属する教員を中心に様々な専門分野の教員が配属され、社会の変化をふまえた最新の教育を行います。芸術工学部は2020年から、芸術工学科のみの1学科5コース制となり、学生の興味に基づいて修学可能な柔軟なカリキュラムを提供しています。大学院の教育組織である芸術工学府は、芸術工学専攻とデザインストラテジー専攻の2専攻から構成され、芸術工学専攻は4コースに分かれています。

組織案内図
組織案内図

沿革

年月日 出来事
1963年(昭和38年) 2月27日 国立九州芸術大学設置期成会創立
1966年(昭和41年) 10月18日 国立産業芸術大学(仮称)設立準備会創立
1967年(昭和42年) 6月1日 九州芸術工科大学創設準備室設置
1968年(昭和43年) 4月1日 九州芸術工科大学(芸術工学部)開設
環境設計学科、工業設計学科、画像設計学科および音響設計学科の4学科設置
1972年(昭和47年) 4月1日 芸術工学専攻科設置
1977年(昭和52年) 4月1日 芸術工学専攻科廃止
5月2日 大学院芸術工学研究科(修士課程)設置
生活環境専攻および情報伝達専攻の2専攻設置
1980年(昭和55年) 4月1日 保健管理センター設置
1986年(昭和61年) 4月1日 環境設計学科及び画像設計学科の2学科を改組(大講座制導入)
1988年(昭和63年) 4月1日 工業設計学科および音響設計学科の2学科を改組(大講座制導入)
1993年(平成5年) 4月1日 大学院芸術工学研究科(博士課程)設置
生活環境専攻および情報伝達専攻の2専攻設置
1997年(平成9年) 4月1日 環境設計学科、工業設計学科、画像設計学科および音響設計学科の4学科を環境設計学科、工業設計学科、画像設計学科、音響設計学科および芸術情報設計学科に改組(3大講座制導入)
地域共同研究センター設置
2001年(平成13年) 4月1日 大学院芸術工学研究科を芸術工学専攻の1専攻に改組
2003年(平成15年) 10月1日 九州大学と結合
九州大学大学院芸術工学研究院・大学院芸術工学府・芸術工学部設置
2006年(平成18年) 4月1日 大学院芸術工学府にデザインストラテジー専攻設置
2008年(平成20年) 4月1日 大学院芸術工学府にデザインストラテジー専攻(博士後期課程)設置
大学院芸術工学府芸術工学専攻を再編(コース制の導入)【デザイン人間科学コース、コミュニケーションデザイン科学コース、環境・遺産デザインコース、コンテンツ・クリエーティブデザインコース】
2009年(平成21年) 7月1日 大学院芸術工学研究院を改組
【環境計画部門、人間生活システム部門、視覚情報部門、音響部門、芸術情報部門、応用情報部門を、デザイン人間科学部門、コミュニケーションデザイン科学部門、環境・遺産デザイン部門、コンテンツ・クリエーティブデザイン部門、デザインストラテジー部門の5部門へ改組】
2010年(平成22年) 4月1日 大学院芸術工学府芸術工学専攻にデザイン人間科学国際コースを設置
2013年(平成25年) 4月1日 大学院芸術工学研究院の内部組織として、応用知覚科学研究センターを設置
10月1日 大学院芸術工学研究院を改組(講座制の導入)
環境・遺産デザイン部門を環境デザイン部門に改組し、計17講座を設置
2014年(平成26年) 8月1日 大学院芸術工学研究院の内部組織として、応用生理人類学研究センターを設置
2015年(平成27年) 4月1日 大学院芸術工学研究院の内部組織として、ソーシャルアートラボを設置
2017年(平成29年) 4月1日 大学院芸術工学研究院の内部組織として、環境設計グローバル・ハブを設置
2018年(平成30年) 6月1日 芸術工学50周年
2020年(令和2年) 4月1日 芸術工学部を芸術工学科の1学科に改組
【環境設計コース、インダストリアルデザインコース、未来構想デザインコース、メディアデザインコース、音響設計コースの5コースを設置】

歴代学長・研究院長

氏名 役職 任期
小池 新二 学長 昭和43年〜昭和49年
太田 博太郎 学長 昭和49年〜昭和53年
吉武 泰水 学長 昭和53年〜昭和61年
安藤 由典 学長 昭和61年〜平成6年
吉田 将 学長 平成6年〜平成14年
瀧山 龍三 学長 平成14年〜平成15年
佐藤 陽彦 研究院長 平成15年〜平成17年
安河内 朗 研究院長 平成17年〜平成21年
石村 真一 研究院長 平成21年〜平成25年
安河内 朗 研究院長 平成25年〜平成29年
谷 正和 研究院長 平成29年〜

教育研究施設 / 附属組織・関連組織

キャンパス案内・紀要

芸術工学部 / 大学院芸術工学府 / 大学院芸術工学研究院

紀要「芸術工学研究」は九州大学学術情報リポジトリからダウンロード可能です。

QIR