学部・大学院の案内

大学院芸術工学府 芸術工学専攻 ストラテジックデザインコース

デザイン×ビジネス×アントレプレナーシップで
未来型経済社会をデザインするコース

概要

デザイン×ビジネス×アントレプレナーシップで未来型社会をデザインするコース

ストラテジックデザインコースでは『高次のデザイン教育』という理念・目標に基づき、デザインストラテジーに関わる多様な関係性と方向性を的確に把握・構想・実践できるストラテジック・デザイナ、それらを評価・分析できるデザイン・リサーチャー、ビジネス知識やアントレプレナーシップも踏まえた起業・実践を行うための方法論を構築できるイノベーション・リード、それらの専門性を有する研究者を養成することを目標としています。

具体的には、製品・環境・サービスなど多様なデザイン専門知識をもとに、ビジネス、アントレプレナーシップを統合するデザインストラテジーを学べるだけではなく、QBS・QREC連携科目、企業・自治体連携による実践的な授業を履修できます。これらにより、企業や組織でのデザイン・マネジメント、未来型経済社会のデザイン戦略構築能力を習得できます。

こちらのコースは以下の能力を持つ人材を育成像としています。
・デザインの社会実装・ビジネスに関わる戦略を把握・構想・実践し、それらを評価・分析して、起業・実践を行うための方法論を構築できる能力。

クリエーティブリーダーシップ・プログラム

デザイン、アート、ビジネス、リーダーシップの4要件からなる「高度デザイン人材」の育成を目的としたプログラムです。具体的には、創造的思考力にもとづく社会・文化の長期的なビジョンを構想でき、深い人間・環境理解にもとづく価値を提案でき、提案しようとする価値を社会に実装するために多様な他者への共感力・協働力を備え、イノベーション・プロジェクトを遂行する能力を持つ人材の育成を目指します。

このような能力の養成にあたって、デザイン・アートに代表されるクリエイティビティに関する領域については、芸術工学府が担当します。ビジネス・マネジメント領域については、経済学府産業マネジメント専攻(以下、QBS)、アントレプレナーシップ領域については、ロバート・ファン・アントレプレナーシップ・センター(以下、QREC)との連携により、これを実現します。

修了要件を満たした学生にはプログラム修了証を交付します。このプログラムを修了するためには、芸術工学府ストラテジックデザインコース、QBS、QRECの提供する所定の講義演習科目に加えて、3部局横断プロジェクトの履修が求めらます。

本プログラムは、芸術工学府、九州大学ビジネススクール(QBS、経済学府産業マネジメント専攻)、九州大学ロバート・ファン/アントレプレナーシップ・センター(QREC)との連携により運営する、デザイン、アート、ビジネス、リーダーシップの4要件からなる「高度デザイン人材」の育成を目的としたプログラムである。

QBS科目 授業概要一覧
https://qbs.kyushu-u.ac.jp/enrolled-student/schedule-and-syllabus/
※QBS以外の科目については、九州大学シラバスシステムよりご確認ください。

WEBサイト

教員紹介

大学院芸術工学府 教員一覧を見る

ストラテジックデザインコース 教員一覧 ストラテジックデザインコース
ストラテジックデザイン
教員名 職名 専門分野
平井 康之 教授 インテリアデザイン、オフィスデザイン、ものづくりデザイン、インクルーシブデザイン
麻生 典 准教授 知的財産法
杉本 美貴 准教授 インダストリアルデザイン、プロダクトデザイン、コンセプチュアルデザイン、日本美
田村 良一 准教授 デザインマネジメント、デザインシステム
德久 悟 准教授 サービス・デザイン、イノベーション・マネジメント、ヒューマン・コンピュータ・インタラクション
松隈 浩之 准教授 デジタル映像デザイン
張 彦芳 講師 ユニバーサルデザイン、ソーシャルデザイン
稲村 徳州 助教 デザインエンジニアリング
迫坪 知広 助教 トランスポーテーション(公共交通機関)・デザイン、プロダクトデザイン、インダストリアルデザイン
閉じる

関連施設

進路・就職先

卒業生は、家電・家具・玩具などのメーカー、空間・建築・都市計画関連、情報・メディア関連、広告代理店、商社・小売、インフラ、官公庁などの行政機関など、様々な企業に就職、あるいは、大学院博士後期課程に進学することが想定されています。大学院後期課程修了後は、企業内の研究所や大学などの教育研究機関で研究者として活躍することも期待されます。

主な就職先
インダストリアルデザイナー、プロダクトデザイナー、サービスデザイナー、デザインストラテジスト、ビジネスデザイナー、デザインマネージャー、ビジョンデザイナー、アントレプレナー、デザインリサーチャー、行政職員、研究者 など