学部・大学院の案内

芸術工学部 芸術工学科 未来構想デザインコース

挑戦的であることが、このコースの理念です。

概要

未来構想デザインコース写真

挑戦的であることが、このコースの理念です。

自動車産業が移動サービスを考える時代、医療費削減のために未病対策が講じられる時代、そして、AI活用のための新しい社会の仕組みづくりが求められる時代——。

持続可能な生態系と多様で豊かな社会への転換が望まれる今、発想力や創造力の豊かなデザイナーへの期待が高まっています。

2020年4月に新設される未来構想デザインコースでは、これからの社会で必要とされる「アート・ デザイン」、「社会構想」、「生命・情報科学」という3つの分野を組み合わせたユニークなカリキュラムから学びを深め、社会の仕組みやサービスなど、今までデザインの対象とされてこなかった領域に踏み込みます。

未来構想デザインコース写真
未来構想デザインコース写真

国際プログラム

国際社会において主体的に活動するために必要な姿勢、態度、コミュニケーション能力を身につけ、かつ専門的なデザインの知識・能力と自国についてのアイデンティティをもった人材の育成を目的としています。留学、またはこれに準ずる科目の履修を通して、日本にはないデザインへのアプローチ、手法、発想を学び、デザインの幅を広げます。
詳細については下記国際プログラムをご覧ください。

国際プログラム

教員紹介

芸術工学部 教員一覧を見る

未来構想デザインコース 教員一覧 未来構想デザインコース
教員名 職名 専門分野
尾方 義人 教授 インダストリアルデザイン、デザイン学
古賀 徹 教授 哲学、倫理学、美学、デザイン原論
近藤 加代子 教授 環境政策、環境経済、社会思想史
髙木 英行 教授 知能情報学
谷 正和 教授 環境人類学
池田 美奈子 准教授 デザイン理論、デザイン史、情報編集デザイン、伝統工芸
伊藤 浩史 准教授 生物のリズム現象
栗山 斉 准教授 芸術表現、基礎デザイン
中村 美亜 准教授 芸術社会学
平松 千尋 准教授 視覚の生理と知覚
HALL, Michael 准教授 英語、環境リスクマネジメント
丸山 修 准教授 Computational biology (計算生物学)、バイオインフォマティクス
稲村 徳州 助教 デザインエンジニアリング
関 元秀 助教 数理生物学、数理社会学、進化生物学
長津 結一郎 助教 アートマネジメント
中村 恭子 助教 日本画、藝術基礎論
LOH Wei Leong 助教 デザイン教育
閉じる

関連施設

学生作品・研究

想定される進路・就職先

これからの社会をデザインする仕事に就くことを卒業生に期待しています。たとえば、人々の体験や社会の仕組みを新たに作り出す独立したクリエーターやデザイナー、新しい生活価値や商品価値を創造する企業の企画担当者、メーカーのデザインセンターで調査分析に従事するリサーチャー、研究所で社会や生命に関する情報を扱うデータサイエンティスト、国や地方自治体の政策を立案する行政職員、国際NPOや援助機関において活躍するアクティビストなどを想定しています。また大学院進学を通して大学教員や研究職を目指すことを推奨しています。

想定される職種
デザイナー(エクスペリエンス、ビジョンなど)、デザイン・ディレクター、データサイエンティスト(社会データや生命情報など)、コンサルタント、行政職員、アートマネージャー、クリエーター、起業家 など

卒業生の声

"こころを動かす空間"をつくる

"こころを動かす空間"をつくる

2015年 卒業

熊谷 麻友子

株式会社 丹青社

関連するコース・専攻 音響設計学科コミュニケーションデザイン科学コース

Read More
観察やインタビューから問題の本質を見抜き、人に寄り添った未来を描く。

観察やインタビューから問題の本質を見抜き、人に寄り添った未来を描く。

2017年 卒業

中村 優花

日立製作所 東京社会イノベーションセンター Contextual Research

関連するコース・専攻 工業設計学科デザインストラテジー専攻

Read More