NEWS

『2021アジアデジタルアート大賞展FUKUOKA』受賞者決定!

九州大学と福岡県・福岡市などが中心となって主催するメディアアートコンペティション『2021アジアデジタルアート大賞展FUKUOKA(ADAA)』は、北部九州からデジタルコンテンツの創造を担う高度な技能と豊かな感性を持つクリエータの発掘・育成の場として2001年にスタートしました。

21回目を迎える今回のコンペティションで、14の国と地域から649点の応募をいただき、アジアデジタルアート大賞をはじめとする計52点の受賞作品を選定しました。九州大学からは文部科学大臣賞、福岡市長賞など計6作品が受賞しております。

結果は「アジアデジタルアート大賞展FUKUOKA」公式ウェブサイトにて公表すると共に、2022年3月8日(火)~3月13日(日)に福岡市科学館(福岡市中央区六本松4-2-1)、福岡市美術館(福岡市中央区大濠公園1-6)で受賞作品展を、2022年3月12日(土)に福岡市美術館にて表彰式を開催します。
*新型コロナウイルス感染拡大の状況によっては、開催日程ならびに内容変更の可能性がございます。

受賞作品ならびに各会場の展示日程等詳細は、ADAA公式ウェブサイトをご確認下さい。


なお、受賞発表に合わせて、収録トークセッション『アジアにおけるメディア芸術のこれからについて語り尽くす!2021』を公開しております。
ADAA受賞作品を通じて、2021年のデジタルアート作品のトレンドと今後の展望をADAA審査員がそれぞれの視点から熱く議論を交わしております。セッションの様子はAsia Digital Art Award FUKUOKA Youtubeチャンネルよりぜひご覧下さい。


九州大学大学院芸術工学研究院では、メディアアート分野の更なる活性化に向けて、今後もさまざまな取り組みを行って参ります。


ーーーーーーーーーーーーー


<九州大学学生 受賞作品>
・学生カテゴリー/静止画部門 大賞「flower shop」寺崎薫、戸嶋野乃香
・学生カテゴリー/動画部門 大賞、文部科学大臣賞「#僕とママ」染矢光信
・学生カテゴリー/インタラクティブアート部門 優秀賞、福岡市長賞「背負う人」寺崎薫、戸嶋野乃香、水田雅也
・学生カテゴリー/インタラクティブアート部門 入賞「毛を剃る人」戸嶋野乃香、太田拓真、蔭井七海
・学生カテゴリー/静止画部門 入賞「抜け殻の街」小濵行秀
・学生カテゴリー/エンターテインメント(産業応用)部門 入賞「モーションスクロールWEBマンガ『アンドロイドは嗤わない』Epsode1 : 笑う人間」小濵行秀
参照リンク