進路・就職
卒業生の声

公開日:2020.02.10

人と人の関係を紡ぐ住まいのかたちを研究する

白石 レイさん

山口大学大学院創成科学研究科・山口大学工学部感性デザイン工学科 助教

  • 2014年 環境設計学科卒業/
  • 2016年 大学院デザインストラテジー専攻 修士課程修了/
  • 2019年 大学院デザインストラテジー専攻 博士課程修了/
  • 2015-2017年 パリ・ラ・ヴィレット建築大学 留学/
  • 2017-2019年 ETHチューリッヒ校 研究留学/
  • 2017-2019年 日本学術振興会特別研究員(DC2)/
  • 2019年- 山口大学大学院創成科学研究科・山口大学工学部感性デザイン工学科 助教/
関連する学科・コース・専攻
  • デザインストラテジー専攻
  • 環境設計学科

現在のお仕事を教えてください

山口大学の教員として、都市計画・建築計画・意匠設計に関する教育・研究活動を行っています。テーマは、ヨーロッパや東南アジアでの低所得者向けの住宅供給や、日本での公営住宅などです。
住まいは、家族の中の関係、家族どうしの関係、そしてそれらの大きな纏まりとしてコミュニティをつくり、地域をつくっていきます。人と人との良い関係を紡ぐための環境をどのように設計するべきか、そのために必要な空間やデザインはどのようなものか、ということを様々な事例から研究したり、実際に自分たちでワークショップや設計活動を行い実践しています。

あなたの芸工生時代について教えてください

芸工では、おもしろいか、おもしろくないか、新しいか、新しくないか、それは意味があるのか、ないのか、なぜそれをするのか、あるいはしないのか、そういったぐるぐるした終わりのない思考を友人たちと繰り返し、ああでもない、こうでもない、と色々なものをつくりました。毎日が創造であふれていて、自由で美しい大橋キャンパスで大学生活を送れたことはとても幸せでした。

受験生に向けてのメッセージ

デザインに興味がある、建築もおもしろそうだ、社会的に誰かの助けになるデザインがしたい、国際的に活躍したい、という思いがある人は、ぜひ環境設計学科を入学先として選択肢に入れてみてください。世のため人のために役に立つ技術を身につけつつ、クリエイティブで”おもしろい”仕事を生業にすることを実現させてくれる最高の場所です。