学生活動
学生作品・研究

画像設計学科卒業研究:モーションデータを用いた伝統芸能の手の表現 -映像作品『apsara’s hands』の制作-

古屋隆介

画像設計学科 ※制作時所属

卒業研究

制作時学年
学部4年
カンボジアの伝統舞踊「アプサラダンス」の特徴ある手の動きに着目し、そのモーションデータと形状データを用いた映像を制作しました。デジタルアーカイブにとどまらず、データを用いた様々な映像表現を追及しています。