学生活動
学生作品・研究

落雪がつくる小さな快楽

真崎 広大

デザインストラテジー専攻 ※制作時所属

受賞作品

制作年
2020年
制作時学年
修士2年

「楽しむ」ということには、住まい手の暮らしにおける幸福度が密に関連している。落雪は一般に住環境に不便を与えているとされるが、加えて生まれるエネルギー・寒さ・光反射など、冬特有の環境を与えてもいる。自然が住空間に与える新規性に住まい手が親しみをもち、小さな快楽を感じる暮らしの風景を考えた。

第11回JIA・テスクチャレンジ設計コンペ入賞