進路・就職
卒業生の声

公開日:2020.02.10

建築主の良きパートナーとして

堤 啓介さん

株式会社松田平田設計/MHS Planners, Architects & Engineers 建築設計部

  • 済々黌高校(熊本県)出身/
  • 2010年 環境設計学科卒業/
  • 2012年 大学院デザインストラテジー専攻修士課程修了/
  • 株式会社松田平田設計/MHS Planners, Architects & Engineers 建築設計部/
関連する学科・コース・専攻
  • デザインストラテジー専攻
  • 環境設計学科

現在のお仕事を教えてください

組織建築設計事務所に所属し、主に事務所ビルや学校などの中・大規模な建築の設計を行っています。建築主(クライアント)と打ち合わせを重ねながら、建物の設計図面をつくるのが仕事です。入社7年目には、設計から完成までを初めてメインで担当した学校建築が完成しました。自分の設計した校舎に初めて入った時の、生徒さんの嬉しそうな顔は今でも忘れられません。

あなたの芸工生時代について教えてください

芸工祭(学園祭)のCBAというファッションショー団体に所属し、学部3年生の時には舞台美術チームリーダーを務めました。友人や先輩・後輩たちと一緒に、自分達で舞台デザインと製作を行った経験と喜びは、今の仕事にも繋がっていると感じています。研究室では建築計画を学び、学校建築や保育施設の新しい空間や、その使われ方について研究をしました。また実務として学校・保育園の設計や、まちづくりワークショップ等様々な研究室活動を行いました。

受験生に向けてのメッセージ

芸術工学とは、デザインを通して社会に貢献する学問だと考えています。建築の分野では、建築デザインを通して経済、教育、医療福祉、娯楽等の様々な他分野と関わりながら、社会貢献をすることができます。デザインを学びつつ、他の様々なものに触れることを、ぜひ楽しんでください。