学生活動
学生作品・研究

形状印象からのプロダクトデザイン研究

無記名

コンテンツ・クリエーティブデザインコース ※制作時所属

学生作品・研究

制作時学年
修士2年

プロダクトには、その形状で適切に印象を与える役割があります。本研究では、段階的かつ微細に変化する形状と印象の関係を詳細に調査することで、より望ましいプロダクト形状を導くことを目的とました。その結果、プロポーションや曲率に関して〈やさしい〉印象と〈清潔な〉印象を持つ輸液ボトル形状を導きました。