学生活動
学生作品・研究

アニメーション作品『VSG』の制作-ゴキブリ視点から見た害虫退治-

古賀裕也

画像設計学科 ※制作時所属

卒業研究

制作時学年
学部4年

背景と目的
  私は大学生活中に自宅でゴキブリを発見し、右往左往しながら撃退するという経験を幾度もしてきました。そのような経緯のもと、害虫退治の一様をゴキブリ視点から見たらどのように映るかを想像してみました。ゴキブリの行動に伴う光景の映り変わり、ゴキブリを発見して慌てふためく人の挙動、そして退治しようと差し迫る攻撃等、ゴキブリ視点で得られる世界観に興味を持ち、アニメーション化したら興 味深いものができると考えました。
  後に虫視点による害虫退治をテーマにした作品を調査したところ二つの作品(アニメーション作品『THE FLY』・PS2ゲームソフト『蚊』)に出会い、それらは同じ害虫視点でもそれぞれが異なる世界観を持っていました。本制作では両作品を参考にしながら、ゴキブリ視点ならではの世界観を持ったアニメーション作品の制作を目的として取り組みました。

作品概要
とある部屋のエアコンの送風口から侵入してきたゴキブリと、そのゴキブリを発見して撃退しようとする家主の害虫退治の一様をゴキブリ視点で描く3Dアニメーション作品です。
現実世界の視覚情報を遮断して3D立体視が可能なヘッドマウントディスプレイを上映装置として使用し、また、視聴者の周りにスピーカーを配置してサラウンド環境を構築し、一人称視点の没入感を追求しました。そしてゴキブリを模倣したヘルメットと羽を着けることによって普段忌み嫌うゴキブリに成りきって楽しめる作品に仕上げました。