学生活動
学生作品・研究

石州瓦と茅葺きの小ホール

真崎 広大

デザインストラテジー専攻 ※制作時所属

受賞作品

制作年
2020年
制作時学年
修士2年

形態が特徴的な石州瓦には音の響きを軽減させる特徴があるという。そこで、石州瓦が屋根としてではなく防音壁のような役割を担う新たな未来を想定した。都市では騒音に配慮し音楽活動の場がブラックボックス化しているという現状がある。こうした背景を踏まえ、廃材化の進む石州瓦が茅葺き屋根とともに小さなホールを創る。創ることで活動の拠点となり、ホールの集まりが瓦を用いた新たな景観になると考えた。

第5回甍賞学生アイディアコンペティション金賞受賞