進路・就職
卒業生の声

公開日:2020.02.10

質の高いライフスタイルを足元から支える

立野 謙太さん

株式会社アシックス パフォーマンスランニングフットウェア統括部 開発部 パフォーマンスランニング開発チーム

  • 2015年 工業設計学科卒業/
  • 2017年 大学院芸術工学専攻デザイン人間科学コース修士課程修了/
  • 2017年 - 現在 株式会社アシックス 入社。パフォーマンスランニングフットウェア統括部 開発部 パフォーマンスランニング開発チームに配属され現在に至る/
関連する学科・コース・専攻
  • デザイン人間科学コース
  • インダストリアルデザインコース
  • 工業設計学科

現在のお仕事を教えてください

グローバルに展開されるランニングシューズの開発担当を行っています。市場のニーズを理解した上で、怪我を防ぎながら、パフォーマンスを向上させるシューズの構造を構築していきます。メーカーという業種の中では珍しく、「あるパーツだけ」ではなく「製品の全て」に携わって開発業務にあたるため、非常にやりがいや達成感の大きい役割です。科学的知見に加えて、ユーザーの声を含めた感性的側面と共にモノづくりをしています。

あなたの芸工生時代について教えてください

学生時代はよく遊び、よく学んだという記憶です。遊びというのは決して悪い意味ではなく、授業外で何かに熱中できる場があり、それを共にできる仲間がいるということです。サークル活動では空間美術を創り上げる2研企画で「SHAPE」という企画を考案しました。個性的な仲間に囲まれて、何か月もかけて作品を完成させた時は心動かされたのを覚えています。本当に色んなことに打ち込む人が沢山いるので、授業外の学びも多い環境でした。

受験生に向けてのメッセージ

芸工という環境は、人生の可能性を拡げてくれる場所だと思います。他の学部では得られない多方面の知識を多く吸収できることが芸工の魅力です。専攻した人間工学だけでなく、学部時にインダストリアルデザインや建築の知識を得られたからこそ、現職にて隈研吾氏とのプロジェクトに携わることもできたと思います。色んな知識や視点を身に着けておくことは、将来必ず自分の武器になります。ここはそれを実現できる場所です。