進路・就職
卒業生の声

公開日:2020.12.07

環境に配慮したインフラ整備に貢献する

久保田 純平さん

西日本技術開発株式会社

  • 2009年 環境設計学科卒業/
  • 2011年 大学院芸術工学専攻 環境・遺産デザインコース修士課程修了/
  • 2011年 - 現在 西日本技術開発株式会社 環境部 /
関連する学科・コース・専攻
  • 環境設計コース
  • 環境・遺産デザインコース
  • 環境設計学科

現在のお仕事について教えてください

環境コンサルタントとして、発電所等の建設工事に係る環境アセスメント業務等に従事し、環境調査の立案から実施、工事による環境影響の予測・評価、保全対策の提案等を行っています。学生時代の経験を活かして、植生や植物関連の業務を担当することが多くあります。また、アフリカ等の発展途上国における地熱開発プロジェクトで、環境担当として従事することもあり、環境に配慮した事業になるよう技術提案や指導等を行っています。

あなたの芸工生時代についてお聞かせください

研究室に入ってからは、調査・研究活動がとても楽しく、積極的に色々な場所に顔を出して経験を積むようになりました。研究対象の里山に足繁く通って調査したことや、遠くは西表島やバングラデシュにまで足を運んで調査したことが深く印象に残っています。また、市民参加型の里山管理活動の運営にも携わり、研究成果とボランティア活動を繋げる取り組みもしていました。在学中に得た知識や経験は、仕事でも大いに活かされています。

受験生に向けてのメッセージ

環境設計学科では、設計課題やグループワークなどで答えのない課題に取り組む機会が多く、当時は苦労したことも多かったです。しかしその分、自分の頭で考える力や業務遂行力など、大変価値のある実践的な経験を積めたと思います。コロナ禍を受け加速度的に変化が進む現代社会において、芸工卒の視野が広いクリエイティブな人材は、益々重要な役割を担うようになっていくと思います。ぜひ芸工で刺激的な学生生活を送ってください。