学生活動
学生作品・研究

変形する形態の研究

大熊健太郎

工業設計学科 ※制作時所属

卒業研究

制作時学年
学部4年

この研究は工業設計学科の卒業研究として行いました。
本研究では「変形する」という現象に着目し、人がより興味を抱き愛着を感じる変形とは何かについて探ることを目的とした。「有生性」(生命の印象)を強く感じることができる変形が愛着を生む1つの要因と考え、皮膜を持った変形「Metamorphosis」を制作し、提案を行った。