学生活動
学生作品・研究

界隈流通経済

真崎 広大、太田 智大

環境設計学科 ※制作時所属

受賞作品

制作年
2018年
制作時学年
学部4年

ネットショッピングなどの普及により、配送業者にかかる負担は増すばかりで、業界の維持に関わる危険性がある。この問題を解消していくためにも新たな流通のしくみが求められている。そこで、「運ぶ」ことで価値が生まれる流通経済と住宅街の融合を想定する。さまざまな区画の住宅間において運ぶ径が生まれ、隣家に荷物をつないでいくことで流通経済が成り立つ。径は住宅の風景となり、「稼ぐ」経済を契機に新たな集合を生み出していく。

第12回長谷工住まいのデザインコンペティション佳作