進路・就職
卒業生の声

公開日:2020.12.07

移動に自由をもたらす仕事

広見 怜さん

株式会社デンソーテン イノベーション創出センター

  • 2017年 音響設計学科 卒業/
  • 2019年 大学院芸術工学専攻コンテンツ・クリエーティブデザインコース 修士課程修了/
  • 2019年 - 現在 株式会社デンソーテン イノベーション創出センター/
関連する学科・コース・専攻
  • コンテンツ・クリエーティブデザインコース
  • 音響設計コース
  • 音響設計学科

現在のお仕事について教えてください

現在クルマ業界では自動運転技術等の発達により、100年に一度の変革期が訪れていると言われています。その中で、クルマが常にインターネットに繋がる「コネクティッド化」という分野のビジネスに携わっています。業務内容としては、AIを活用してクルマからビックデータを収集するシステムの企画・設計と、収集したビックデータからの新たなサービスの創出を行なっています。

あなたの芸工生時代について教えてください

音楽や音に興味があったので音響設計学科に入学し、大学院からは工業設計学科の研究室に入りました。理由としては、幅広い視点で世界を見られるようになりたかったこと、課題解決に繋がるデザイン思想の習得が自分には必要だと思ったことが挙げられます。結果として、2つの分野を学べたことにより視野が広がり、現在の仕事や生活に深みをもたらしてくれていると感じます。学問以外でも、芸工祭などで様々な個性を持った人たちと出会えたことは、自分を形成する一部になっているとともに、友達と言う形で現在も強く残っています。

受験性に向けてのメッセージ

芸術工学部では、様々な価値観を持った個性的な人に多く出会うことができます。この出会いを通して、物事を柔軟に見られるようになることは、何者にも変えがたい財産となるでしょう。人生を豊かにすることが「学び」の本質であるとするならば、芸術工学部は最も「学べる」学部なのだと思います。皆様には、ぜひこの学部で様々な人や経験、学問に出会って欲しいと思います。勉強、頑張ってください。