進路・就職
卒業生の声

公開日:2020.12.22

"こころを動かす空間"をつくる

熊谷 麻友子さん

株式会社 丹青社

  • 2015年 音響設計学科卒業/
  • 2017年 大学院芸術工学専攻コミュニケーションデザイン科学コース ホールマネジメントエンジニアリング講座 修士課程修了/
  • 2017年 - 現在  株式会社丹青社 デザインセンタープランニング局 プランナー/
関連する学科・コース・専攻
  • コミュニケーションデザイン科学コース
  • 未来構想デザインコース
  • 音響設計学科

現在のお仕事について教えてください

主に博物館などの展示施設のプランニングを行っています。施主や学芸員の方が伝えたい情報をわかりやすく編集して、デザイナーとともに空間を考え、来館者に届ける場をつくっています。情報を伝える空間は、内装の設えだけでなく、グラフィックや映像、音などのさまざまなメディアを使ってつくり上げていきます。芸工で学べる要素がぎゅっと詰まった仕事をしているなと感じています。

あなたの芸工生時代についてお聞かせください

同期の有志で音響展を開催したことが印象的です。それまで他学科で学生主催の展覧会が開催される中、なぜか音響展だけなかったので、手探りながらも楽しかった思い出です。学年が上がると、アートなどにも興味を持つようになり、音響以外の先生にもとてもお世話になりました。誰かが何かをしているのを、程よい距離感でおもしろがってくれる学生や先生、そして福岡の環境にたくさん感性を育てていただきました。

受験生に向けてのメッセージ

芸工で何より得られたものは「感性をとがらせること」だと思います。テストのために暗記した知識は忘れてしまうけれど、培った感性は今もさまざまな場面で私の拠り所になっています。何が勉強できるか、どんなスキルが身に着けられるかもポイントですが、どんな環境で過ごしたいかを想像してみるのもよいかもしれません。